保育園看護師として転職する

保育園看護師の仕事

保育園看護師の仕事内容・役割

投稿日:

保育園看護師 仕事内容 役割

保育園看護師として働く場合の仕事内容・役割について情報をまとめています。

未経験から保育園で働く看護師として転職を希望されている方、子育てブランクあけに子供と関わる仕事として、保育園看護師への転職を希望しているママさんナースなど、色々な方がいらっしゃると思います。

ここでは、保育園看護師の重要な仕事内容・役割について掲載しています。
保育園それぞれで違う部分はありますが、共通して見られる保育園看護師の仕事内容・役割となります。

保育園で働く看護師の仕事内容、役割について

保育園看護師になるには
保育園で働く看護師も増えてきました。

保育園における看護師の配置基準としては、乳児四人以上を入所させる保育所の場合には看護師・保健師も保育士として見なすことが出来る、といったこともあり採用が増えつつあります。

乳児四人以上を入所させる保育所に係る改正後の第三十三条第二項に規定する保育士の数の算定については、当分の間、当該保育所に勤務する保健師、看護師又は准看護師を、一人に限って、保育士とみなすことができる。

参照:児童福祉施設の設備及び運営に関する基準

乳幼児もそうですが、体調が急に変わることが多い子供たちの健康管理に関しては、看護師が職員として働いていた方が安心、ということもありますよね。

子供を預ける親の立場としても、看護師がいた方が安心感はあります。

保育園の状況としても保育士不足がなかなか解消されない状況もあり、看護師が採用できることも園としてはメリットが大きいです。

そうしたこともあり、保育園看護師の求人が増えていると考えられそうです。

保育園看護師の求人の増加は、保育園で働いてみたい看護師さんにはプラスの状況といえます。

保育園看護師の仕事内容・役割をしっかり抑えて、ぜひ求人へ応募されてみてはと思います。

園児の健康管理

保育園看護師の重要な仕事、役割は「園児の健康管理」です。

小さな子供たちは、保育中にケガをすることもありますし、園に来てから体調が悪くなることも多いです。

発熱、嘔吐、下痢、発疹など様々な症状を発することがあります。

こうした時、保育園看護師の重要な仕事として症状に応じて、適切な対処を行うことがあります。

特に感染予防のために後処理を適切にすることは重要です。
嘔吐物の処理もしっかりと行わなければ、感染が広がる原因となります。

日々の保育の中で子供たちを観察し、喘息、アレルギーなど持病がある場合にはもちろん、急に何らかの症状を発する可能性もあります。

園児の体調が悪い場合、各保育園に基準がありますから保育士と相談しながら、お迎えの連絡や病院への受診をすすめるなど対応することになります。

健診業務

保育園では子供たちの健康診断、歯科健診などを行います。

健康診断や歯科健診の準備、担当医師との連絡、健診当日の補助、記録、保護者への連絡なども重要な役割です。

健康指導も含めて、保育園看護師の大切な仕事のひとつといって良いでしょう。

園児の健診も重要ですが、保育園によっては保育士など職員の健康診断に関しても役割を看護師が担う場合もあります。

保育士のサポート

保育園看護師の役割として、大切な仕事が保育士のサポートとなります。

クラス担任の保育士は人数にもよりますが、全ての子供たちを見るのは難しいです。

グズったり、遊びがうまく出来ない子がいたり、ケンカをしたり。
状況に応じて、保育士のサポートを行いスムーズに保育が進むようにすることも、保育園看護師の役割となります。

保育園によっては、看護師としての仕事よりも保育の仕事の方が多い場合もあります。

健診時期やインフルエンザ時期などは看護師としての仕事が増えるかもしれませんが、一年中、看護師として忙しいということはありません。

保育補助として、思った以上に保育に関する仕事が多いといえます。

レクリエーションに参加することも多いですよ。

歌が好き、上手。ピアノが弾ける。
絵本の読み聞かせが上手い、といった場合には子供たちから人気が出るのも早いかもしれません。

保育園としても保育園看護師に対しては、保育スタッフとしての仕事も期待して採用していることが多いです。
(保育士としてカウントしている場合にはなおさらです)

保育園によっては看護師が0歳児のクラス担任になることもあります。

そのため、保育園看護師の採用にあたり「子供が好きなこと」を重視する場合が多いです。

保護者対応

保育園看護師として、子供たちの健康に関しての保護者への状況提供、指導、対応も重要な役割です。

多くの保育園では月に1回、

「保健だより」

を作成して園児全体の健康状態や取り組み、またご家庭での子供たちの健康維持に必要な情報提供、健康指導を行います。

また個別に子供達の健康状態に関して保育園看護師に相談や連絡がある場合には、対応も必要となります。

特にママさんナースの場合には、健康相談や育児相談もあるかもしれませんね。

若い保育士が多い保育園にお勤めになる場合には、子育ての先輩として何かと親御さんから相談されることも多いのではないでしょうか。

保護者からの信頼を得ることも重要ですよね。

保育園看護師として何かと頼りにされることも多いと思いますから、しっかりと対応をする必要があります。

病院と保育園、看護師の役割の違いを理解することが大切

病院病棟の看護師から保育園看護師へと転職をする場合、ブランク期間があるママさんナースも多いと思いますが、最初は仕事に戸惑うことばかりではないでしょうか。

まず保育園では原則として医療行為は行いません。
擦り傷、切り傷、といったことなどへの応急処置などはしますが、医療行為が必要な場合には病院への受診の判断をすることも保育園看護師としての役割となります。

場合によっては、看護師としての経験から出来るけど「やってはいけないこと」もあるでしょう。
日々の仕事の比重としては、「看護」よりも「保育」の方が大きいことも特徴といえます。

保育園看護師の主な役割は、園児、子供たちの健康管理です。
また、園内の衛生管理、感染予防対策なども看護師が重要な役割を果たす部分となります。

保育園に勤務する保育士に対しても、普段からコミュニケーションを取り衛生面や感染予防対策についての啓蒙を進めることも重要ですね。

働き方としては、保育園は日勤のみ。
夜勤無しの働き方ができますから、病棟看護師としての頃と比べて規則正しい生活が出来るようになります。

これはお子さんがいるママさんナースには魅力的な働き方になるのではと思います。

給与に関しても夜勤が無い分、病院看護師の年収よりは少なくなります。

しかし、日勤のみ勤務であることを考えると、年収350万円前後の保育園看護師求人が多いことから、そこまで少ないという印象はないのではと思います。

保育園看護師の仕事には大きなやり甲斐があります

保育園看護師の仕事は、子供が好きな看護師さんにぴったりのお仕事といえます。

病院勤務とは違い、日勤のみ、規則正しい生活がしやすいですし、子育て経験を活かして働くことも出来るため、ママさんナースに特に人気が高い職場です。

子育て中、というママさんナースも多く保育園看護師として転職されています。

保育園看護師の求人も、

  • 正社員求人
  • パート・アルバイト求人
  • 派遣求人

と希望の働き方に合わせて探すことが出来ます。

子供たちの成長を見守りながら働けるのは、看護師としても大きなやり甲斐、という方は多いようです。

保育園看護師として長く働かれている方も多いですね。

やはり子供達の成長に関わる重要な仕事として、やり甲斐があるからではないでしょうか。

0歳児~5歳児までといった子供たちの成長期に、大切な役割を果たす保育園での仕事。

子供たちの人間形成にも関わる仕事でもあります。

保育園看護師のお仕事に興味をお持ちの看護師さんは、

保育園看護師求人の探し方

の記事中で、希望の雇用形態(正社員、パート・アルバイト、派遣)でおすすめの人材紹介会社、派遣会社をご紹介しています。

ぜひ、ご活用になってみてください。

-保育園看護師の仕事
-

Copyright© 保育園看護師 おすすめ派遣会社 , 2019 All Rights Reserved.